糖尿病に効く漢方

糖尿病に効く漢方の種類と効能をまとめてみました!
是非、参考にしてみてくださいね。

 

漢方での糖尿病の考え方

漢方薬は、様々な効能や効果を持っているため、幅広い症状に対応できる魅力があります。

 

糖尿病で血糖値が高い場合、血液粘度が増してしまい、脳梗塞、虚血性心疾患などの合併症も増えてしまいます。血液粘度の増加や血栓症の場合、漢方では「おけつ」と定義されます。

 

多飲・多尿・夜間頻尿・下肢のしびれなどであれば、「腎虚(じんきょ)」と定義され、気がスムーズに流れない状態である「気滞(きたい)」、そして体液の分布がアンバランスで滞ってしまっている「水滞(すいたい)」など、原因は多岐に渡ります。その点でも、漢方薬で改善される可能性は高いともいわれています。

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法