歯周病とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

歯周病は、糖尿病の合併症として、網膜症・腎症・神経障害などについて6番目の合併症と言われています。

 

糖尿病は歯周病を悪化させる要因と考えられてきましたが、最近では歯周病が糖尿病を悪化させるという、相互に影響しあう深い関係があると言われるようになってきました

 

糖尿病になると、普通の人の2倍歯周病になりやすいのです。

 

歯周病とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

高血糖状態になると、免疫が弱くなり、血管に障害を起こしますから、当然口腔内にも大きな影響を与えると考えられます。

 

それに、歯周病が起きることで、血糖のコントロールも難しくなり、糖尿病を進行させてしまうという、悪循環も起きてしまうのです。

歯周病とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

原因

しかし、歯周病はなぜ起きるのでしょうか。

 

歯周病とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

歯周病は、歯と歯茎に間の『歯周ポケット』と呼ばれる部分に細菌が住み着くことで起きる感染症です。
住み着いた最近の塊がプラークと呼ばれる歯垢で、プラークに接する歯肉の部分に炎症、腫れ、出血、歯周組織の破壊、歯が抜け落ちる、といった症状が起こります。

 

でも、本来人間の身体には、細菌やウィルスから身体を守る機能があるため、細菌が住み着く=歯周病になるとは限りません。
しかし、口腔内を清潔にしておかないと、プラーク内の細菌数が増加したり、身体の抵抗力が弱り口腔内の最近の活動を活発化させてしまうと、歯周病になりやすくなります

 

歯周病に起こりやすくなる要因は、歯周病菌以外にも、加齢糖尿病ストレス遺伝生活習慣などがあります。
糖尿病による影響には以下のような症状が上げられます。

 

(1)口の中の渇き
糖尿病では、血液の中の糖濃度が高くなるため、多量の水分と共に尿として体外に排出しようとする働きがあります。
その時に、多量の水分を失ってしまうため、唾液分泌が減ったり、喉や口の渇きなどの症状が出ます。
唾液は、消化以外にも、歯周病を防ぐ働きもするので、唾液が減ってしまい口の中が乾くと歯周病菌が繁殖しやすくなります。
また、糖尿病になると唾液の中の糖分濃度も高くなり、さらに歯周病菌が繁殖しやすくなるとも考えられています。

 

(2)抵抗力の低下
糖尿病によって高血糖状態になると、白血球の働きが低下して感染症にかかりやすくなります。
歯周病は感染症の一種であり、また、高血糖の状態は歯周組織を構成しているコラーゲンを破壊し、炎症を起して歯周病を悪化させるとも考えられています。

 

(3)エネルギー不足
糖尿病によってインスリンの働きが悪くなり、ブドウ糖をエネルギーに変化させることができなくなります
そうなると、身体はエネルギーを作り出すために、筋肉のタンパク質や脂肪を分解するようになります。
その影響で歯周組織内のコラーゲンが減少したり、変化したりして、歯周組織の修復力が弱くなります。

 

(4)脂肪細胞が炎症を起こす
糖尿病患者の約7割が、肥満状態の経験があると言われています。
脂肪細胞は、組織に炎症を起す物質を作り出すため、歯周組織に炎症を起す歯周病にも影響を与えます。

 

(5)血管障害
糖尿病は血管に対して様々な障害を起こすことが知られていますが、歯周組織には毛細血管が沢山あり、歯周病を悪化させてしまいます。

 

(6)食後高血糖
歯周病が進むと、歯のぐらつき、歯が抜ける、硬いものが食べにくい、などの症状になります。
そのため、軟らかいものばかり食べる、噛まずに飲み込むなどをするようになり、繊維質の食べ物を摂らなくなったり噛まなくてもよい食事を摂りがちになり、食後高血糖を起しやすくなります

 

 

治療

糖尿病と歯周病には、相互に複雑に影響を与える深い関係があります。

 

糖尿病治療を行う内科で、歯周病治療のアドバイスはなかなかないかもしれませんが、歯周病についても積極的に治療をすることが大切です。
また、歯周病の診断を受けても同じで、双方の病気が別々なもの、と考えるのではなく、相互に影響するものと考えて取り組むことが両方の病気に良い影響を与えます。

 

歯周病で深い歯周ポケットの歯周病菌の除去を徹底したところ、歯茎からの出血やぐらつきがなくなるだけではなく、インスリンの働きを改善して血糖値の改善も見られた例もあるくらいです。
そのため、自覚症状が出る前に、生活習慣の改善に取り組み、糖尿病や歯周病の進行を食い止めていくようにしましょう。

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法

関連ページ

糖尿病網膜症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病網膜症とは?
糖尿病腎症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病腎症とは?
糖尿病神経症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病神経症とは?
脳梗塞とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。脳梗塞とは?
狭心症・心筋梗塞とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。狭心症・心筋梗塞とは?
閉塞性動脈硬化症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。閉塞性動脈硬化症とは?
糖尿病性足病変とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病性足病変とは?
感染症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。感染症とは?
高浸透圧高血糖症候群とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。高浸透圧高血糖症候群とは?
糖尿病ケトアシドーシスとは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病ケトアシドーシスとは?
認知症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。認知症とは?