糖尿病網膜症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

糖尿病網膜症は、目に発生する糖尿病の合併症で、糖尿病の三大合併症の一つで、糖尿病患者の約40%に見られます。


 

成人の失明原因としては、緑内障と合わせて主要な原因となっています。

 

網膜は、眼球の中心となる硝子体の3分の2を覆う約0.2oの膜で、光が網膜に当たると、これを視覚情報に変換する機能を果たします。つまり、目全体をカメラに例えるなら、フィルムに当たる部分が網膜です。

 

網膜は、動脈や静脈などの血管、色を感じる神経が張り巡らされており、高血糖の状態が続くと、これらの血管が詰まる変形する、出血するなどの損傷を受けるようになります

 

これが、糖尿病網膜症です。

 

糖尿病網膜症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

 

症状

糖尿病を発症して10年くらいで糖尿病網膜症を発症します。初期は自覚症状があまりなく、症状が出た時にはかなり進行してしまっていると言えます。

 

糖尿病網膜症が進行すると、「飛蚊症」という視野に蚊のような虫が飛んでいるように見える症状が表れます。網膜の出血の場合には、視野に黒いカーテンがかかるような症状になることもあります。

 

さらに、症状が進むと、網膜の中心部分である「黄斑」に病変が及んだり、網膜剥離が起こり、視力の急激な低下を起すこともあります。

 

(1)単純糖尿病網膜症
糖尿病網膜症の初期段階です。
「毛細血管瘤」という網膜の細い血管の瘤や、小さな点状の出血が発生する場合があり、血管から脂質成分が漏れ出ることで、網膜に脂質沈着による「硬性白斑」というシミができますが、その多くの場合自覚症状はありません。

 

(2)前増殖糖尿病網膜症
(1)の単純網膜症の少し進行した状態で、血管障害が強くなっています。

 

糖尿病網膜症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

網膜に血液が十分に行きわたらくなることで酸素不足がに陥る部分が発生します。神経線維には梗塞が起きて、眼底検査で白いモヤのような「軟性白斑」が見つかるようになります。

 

自覚症状はまだほとんどありませんが、かすみ目が表れる場合もあります。

 

(3)増殖糖尿病網膜症
さらに病態が進行した状態です。
酸素不足が広がり、不足した酸素を補うために新しい血管「新生血管」が作られますが、この血管は網膜だけではなく硝子体にも作られるようになります。

 

しかし、新生血管はもろく硝子体内で出血を起こし、飛蚊症や出血量が多い時には網膜に光が届かず視力の急激な低下の原因になります。

 

さらに硝子体や網膜表面に増殖膜ができて癒着の原因になります。増殖膜が何らかの原因で引っ張られると網膜剥離が起こり、飛蚊症や、網膜剥離が網膜の中心部分である黄斑で起きると視力の低下につながります。

 

(4)糖尿病黄斑症(糖尿病黄斑浮腫)
(1)〜(3)の進行とは別に進む症状もあり、それを糖尿病黄斑症といいます。これは網膜の中心部分である黄斑の血管部分の瘤や出血が原因になる、急激な視力低下です。

 

黄斑は、モノの見え方を司る最も敏感な部分であるため、視覚に大きな影響が出ます。黄斑以外の浮腫の場合は、自覚症状は出ないことが多いですが、黄斑にできた場合は急激な視力低下を伴います。

 

初期の単純網膜症の段階でも発生することはありますが、一番多く発症する時期は増殖糖尿病網膜症の時期で、失明の大きな原因となります。

 

 

検査

糖尿病網膜症を疑う場合には、蛍光色素の造影剤を静脈注射して、網膜の毛細血管の鮮明な画像を得るためのフルオレセイン傾向眼底検査を行ないます。
硝子体内の出血の確認は、眼底検査ではわかりませんので、これを疑う場合は超音波検査で網膜剥離の有無を確認します。

 

また、糖尿病黄斑症の場合には、眼底を三次元映像で解析する光干渉断層計検査を行ないます。この検査は、造影剤を用いないため、身体の負担もほとんどありません

 

 

治療

(1)血糖コントロール
網膜症の治療に重要なのは、やはり根本原因となる糖尿病の改善です。これを改善しないと、新たな病変が作り出されてしまうからです。

 

単純糖尿病網膜症であれば、まだ初期段階ですから血糖値のコントロールを行えば、進行を抑えることが可能です。

 

(2)網膜光凝固術
単純糖尿病網膜症よりも症状が進行している場合には、レーザー照射でできてしまった新生血管や新たな新生血管を減らす網膜光凝固術による治療をします。

 

病変部の広がり方によって、網膜の一部にレーザー照射する局所網膜光凝固術、と黄斑以外の網膜全体に照射する汎網膜光凝固術2種類があります。
施術方法は、外来で行いますが、1回15分程度で3〜4回行ないます。

 

1回の照射で数百か所の照射が可能です。以前は強い痛みを伴い照射を継続できないことがありましたが、最近では高出力・短時間照射・痛みの少ないパターンスキャンレーザーが普及してきています。

 

この治療法は、網膜症の進行を抑えて失明を予防するために効果のある治療法で、早期であれば約80%の方に効果があります。ただし、病気になる前の網膜の状態や視力を取り戻せるわけではなく、術後には視力低下や視野が狭くなる場合もあります。

 

(3)硝子体手術
網膜症の進行度合いが高く、光凝固術でも効果がなかった場合視力低下が急激に起こった場合には、硝子体手術を行ないます。この手術は、局所麻酔をかけた手術で、約2週間の入院を伴います。

 

また、糖尿病黄斑症の場合でも行うことがあります。出血で濁ってしまった硝子体や、出血、何らかの理由で網膜を引っ張り網膜剥離を起こしている増殖膜を除去する手術です。

 

眼球内に孔を開けて行ない、網膜剥離の場合には眼内に空気を送り込んで網膜を元の位置に戻すようにします。ただし、視力の回復や、網膜を健康な状態に戻すことはできません。

 

日常の注意点

糖尿病と診断された時から眼科での定期検診を受けるようにしましょう。糖尿病網膜症は、ほとんど自覚症状がないため、視力が落ちていないから、などと自分には必要がないなどの油断は大敵です。

 

単純糖尿病網膜症の時期を過ぎてしまうと、治療をしても元の状態に戻ることができませんから、現状の維持や進行を抑えること、また新たな症状を発生させないこと、が大切です。

 

そのためにも、血糖コントロールを行ない、定期的な健診を受けましょう。その他、糖尿病以外にも脂質異常や高血圧の関与も指摘されていますから、生活習慣病全般に対して予防を行うことを忘れてはいけません。

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法

関連ページ

糖尿病腎症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病腎症とは?
糖尿病神経症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病神経症とは?
脳梗塞とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。脳梗塞とは?
狭心症・心筋梗塞とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。狭心症・心筋梗塞とは?
閉塞性動脈硬化症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。閉塞性動脈硬化症とは?
糖尿病性足病変とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病性足病変とは?
感染症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。感染症とは?
高浸透圧高血糖症候群とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。高浸透圧高血糖症候群とは?
糖尿病ケトアシドーシスとは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病ケトアシドーシスとは?
歯周病とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。歯周病とは?
認知症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。認知症とは?