糖尿病神経症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

糖尿病では、毛細血管がもろくなります

 

糖尿病神経症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

そのため毛細血管が傷つき末梢神経まで血液が行き届かなくなると、酸素や栄養分が運ばれなくなり、神経や自律神経に影響が出ます。

 

影響を受けた神経が、感覚神経の場合は、手足の先がしびれたり、痛みを感じたりするようになります。
その痛みは「ピリピリ」「ジンジン」とした感じで、約15%の人が痛みやしびれを感じます。

 

自覚症状が無い人も含めると、糖尿病患者の30〜40%の人が発症する合併症です。
影響を受けた神経が、自律神経の場合は、障害を感知しにくくなりますので初期段階での発見が難しいと言われています。

 

自律神経は人間が生きていくための体温調節や血圧調整の機能をつかさどる神経であるため、この神経に障害が発生すると、身体へ現れる症状はQOLを低下させる大きな影響を与えることになります。

 

これが糖尿病神経症です。

 

糖尿病神経症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など

 

症状

初期の段階では、ほとんど自覚症状がありません
これは糖尿病自身にも言えることで、足先の痛みやしびれを感じて初めて糖尿病が発覚することもあります。
この段階を放置したままにしておくと、足の感覚がマヒしていき、ひどい時には切り傷に気づかずに感染が広がって、やがては細胞の壊死が発生し切断に至る場合もあります。

 

そのため早期の発見と治療が必要な病気です。
末梢神経がダメージを受けると、手足に次のような症状が現れます。

 

特徴的なのは、手袋や靴下で覆われる手や足に、左右対称に発症するところです。

持続的な焼けるような痛みが続く
針で刺すような痛みがある、一定の時間で繰り返す
電気が走るような痛みがある
「ピリピリ」、「ジンジン」、「チクチク」、「ズキズキ」する痛みやしびれ
触れただけでも痛みとして感じる
感覚の低下、温・冷感の低下(知覚低下・感覚鈍麻)
足の違和感(石や布団の上を歩いている感じなど)

長期間高血糖状態が続くと、短期間に急激な血糖値低下があると、痛みがでる場合があります
血糖値が低くなったあと数週間〜数か月の間痛みが続くことがありますが、血糖値を正常に維持できれば、やがて痛みは和らいでいきます糖尿病を発症して10年くらいで糖尿病網膜症を発症します

 

初期は自覚症状があまりなく、症状が出た時にはかなり進行してしまっていると言えます。
糖尿病網膜症が進行すると、「飛蚊症」という視野に蚊のような虫が飛んでいるように見える症状が表れます。

 

網膜の出血の場合には、視野に黒いカーテンがかかるように症状になることもあります。
さらに、症状が進むと、網膜の中心部分である「黄斑」に病変が及んだり、網膜剥離が起こり、視力の急激な低下を起すこともあります。

 

 

検査

糖尿病神経症を早期に発見するためには、日本糖尿病対策推進会議が配布している「足チェックシート」を使えば、自分で足の症状をチェックできます。
チェック項目に「はい」がある場合には、自覚症状のない糖尿病である可能性もあるため、早期に医師に相談してください。

 

 

治療

治療の基本は、血糖をコントロールし、糖尿病を進行させないことです。
その上に、薬物療法対症療法を行なっていきます。

 

(1)薬物による原因療法
糖尿病神経症の原因は「アルドース還元酵素」なので、この働きを抑えます。
この「アルドース還元酵素」はブドウ糖から「ソルビトール」へ返還させる働きをしますが、「ソルビトール」が神経細胞に溜まると痛みやしびれを起こすと考えられているのです。

 

(2) 薬物による対症療法
糖尿病神経症に用いられる薬は、神経障害性疼痛治療薬抗うつ薬抗てんかん薬ビタミン剤血流改善薬不整脈薬などの薬剤を、症状に応じて適宜併用します。
その他、歩行などの運動を取り入れるマッサージをする就寝前に入浴をする、と言った方法も治療に取り入れることもあります。

 

 

日常の注意点

(1) 血糖値のコントロール
医師の指導に従って、食事、運動、薬物療法などにより、血糖値をコントロールします。

 

(2) 足のチェック
糖尿病神経症を発症すると足の感覚が鈍化します。
そのためケガなどに気づきにくく、化膿しやすくなり、症状を悪化させる場合があります。
そうなる前に、こまめに足の裏などをチェックするようにしましょう。
特に深爪は化膿の原因になりやすいので気を付けてください

 

(3) 起き上がるときはゆっくり
神経に影響を受けていると立ちくらみを起こしやすいのです。
寝ている姿勢から一気に起き上がると立ちくらみが起きやすいため、ゆっくりと起き上がりましょう
(4) 禁酒・禁煙
アルコールは神経障害の悪化の元になります。また、喫煙は血流悪化の原因になり、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。

 

 

 

 

 

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法

関連ページ

糖尿病網膜症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病網膜症とは?
糖尿病腎症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病腎症とは?
脳梗塞とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。脳梗塞とは?
狭心症・心筋梗塞とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。狭心症・心筋梗塞とは?
閉塞性動脈硬化症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。閉塞性動脈硬化症とは?
糖尿病性足病変とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病性足病変とは?
感染症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。感染症とは?
高浸透圧高血糖症候群とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。高浸透圧高血糖症候群とは?
糖尿病ケトアシドーシスとは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。糖尿病ケトアシドーシスとは?
歯周病とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。歯周病とは?
認知症とは?症状、痛み、検査、治療、注意点など
血糖値悪化でなる病気。認知症とは?