血糖値を下げるグリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用

 

グリメピリド(アマリール)は、スルホニル尿素薬系の血糖降下薬です。


 

 

他の薬と比較してインスリン分泌の効果はそれほどでもないのに他の薬と同程度もしくはそれ以上血糖を下げる効果をもたらします。

 

そのため、インスリンに対する感受性を高める効果を持つと考えられています。
インスリン分泌作用が穏やかであるため、スルホニル尿素薬系の副作用である二次無効や低血糖のリスクが小さいと考えられています。

 

 

効能

食事療法や運動療法のみで効果が得られないインスリン非依存型糖尿病の方に処方されます。
インスリンに対する感受性を高め、強い血糖降下作用を持ちます。

 

薬の飲み合わせ次第で、作用が強く出て低血糖になりやすい場合や、効果が弱くなる場合もあるため、薬を併用する場合は医師の判断に慎重に従う必要があります。

作用を強める薬には、他の血糖降下薬、解熱鎮痛薬(アスピリンなど)、痛風の薬(プロベネシド)、抗血栓薬(ワルファリン)、高血圧の薬(β遮断薬、ACE阻害薬など)、不整脈の薬(ジソピラミド、ピルメノール、シベンゾリン)、抗菌薬(キノロン系、テトラサイクリン系、クラリスロマイシンなど)、高脂血症の薬(フィブラート系)、抗真菌剤(アゾール系)などがあります。

 

効果を弱める薬には、ホルモン剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、女性ホルモンなど)、利尿薬、結核の薬(イソニアジド、リファンピシン)、安定剤(フェノチアジン系)、抗けいれん薬(フェニトイン)などがあります。
また、アルコールも血糖値を乱してしまうため、低血糖の要因になるため、避けることが大切です。

 

用量

成人は、グリメピリドとして1rから始め、1日1〜2回、朝や朝と夕、食前もしくは食後に服用します。
通常1日1〜4mgで服用し、症状に応じて増減させますが、1日の最高用量は6mgまでとします。

 

腎臓病や、体調が悪く低血糖に陥りやすい場合、高齢の場合は、少量から始め慎重に服用が必要です。
飲み忘れた場合には、2回を1度に飲むとリスクが高くなりますので、絶対避けてください。

 

副作用

一番リスクが高いのは、低血糖で必要以上に血糖値が下がる場合があります。
震え寒気動悸冷や汗強い空腹感脱力感目のちらつきイライラぼんやり痙攣昏睡などを起します。

 

高齢の人の場合、慢性的な低血糖状態になりやすく、元気がない、ぼんやり、などが続くことがあります。

 

そのほかの影響は大きくはありませんが、溶血性貧血無顆粒球症など血液障害を起こすことがあります。
発熱、のどの痛み、皮下出血、歯茎の出血などに注意しましょう。

アマリール、つまりグリメピリドに関するQ&Aです。
血糖値を下げるグリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用

 

血糖値を下げるグリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法

関連ページ

血糖値を下げるビグアナイド薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ビグアナイド薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるメトホルミンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 メトホルミンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるスルホニル尿素薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 スルホニル尿素薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるメタクト配合錠の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 メタクト配合錠の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる配合剤の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 配合剤の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるピオグリタゾン(アクトス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ピオグリタゾン(アクトス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるチアゾリジン薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 チアゾリジン薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるインスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるDPP−4阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 DPP−4阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるGLP-1受容体作動薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬、GLP-1受容体作動薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるα-グルコシダーゼ阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬、α-グルコシダーゼ阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値下げるアカルボース(グルコバイ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬、アカルボース(グルコバイ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるアログリプチン(ネシーナ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アログリプチン(ネシーナ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるエクサナチド(バイエッタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 エクサナチド(バイエッタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるシタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 シタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるナテグリニド(スターシス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ナテグリニド(スターシス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるビルダグリプチン(エクア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ビルダグリプチン(エクア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるボグリボース(ベイスン)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ボグリボース(ベイスン)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるミグリトール(セイブル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ミグリトール(セイブル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるミチグリニド(グルファスト)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ミチグリニド(グルファスト)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリナグリプチン(トラゼンタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リナグリプチン(トラゼンタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリラグルチド(ビクトーザ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リラグルチド(ビクトーザ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる速攻型インスリン分泌促進薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 速攻型インスリン分泌促進薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる超速効型/速効型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 超速効型/速効型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるアスパルトの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アスパルトの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリスプロの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リスプロの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグルリシンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グルリシンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるヒューマンレギュラーの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ヒューマンレギュラーの特徴・効果・効能・副作用
血糖値下げるシタグリプチン(ジャヌビア)特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 シタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるデテミル(レベミル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 デテミル(レベミル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる中間型インスリン(NPH)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 中間型インスリン(NPH)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるノボラピット30ミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ノボラピット30ミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるヒューマログミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ヒューマログミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる混合型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 混合型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグラルギン(ランタス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グラルギン(ランタス)の特徴・効果・効能・副作用