血糖値を下げる配合剤の特徴・効果・効能・副作用

 

配合剤とは、同じような薬効を持つ何種類かの成分、あるいは異なる薬効を持つ成分を、配合して一つの薬とした医薬品のことを言います。


 

 

単一の成分よりも、複数を合わせることで効果を高めたり、副作用を抑えたりすることが可能です。

 

病院を受診した時に、「この薬は胃を荒らすから、もう一つ別の薬を出しておきますね」なんて言われたことありませんか?
配合剤は、このように他の薬と組み合わせて処方されることが多い場合に、単独で処方できるような薬として販売されることがあります。

 

また、医師にとっても、複数の薬を処方することで、その薬の組み合わせに問題が無いかを確認するリスクも軽減されますので重宝されます。
製薬会社にとっても、医師が使い易ければ販売量が増やせるというメリットもありますし、臨床試験も小規模や限定的な試験で済むため、新規の薬剤の開発に比較しても低コストでの開発ができるメリットもあります。

 

ジェネリック対策としても、新規の配合剤は新しい特許が認可されますから、単独での特許が切れても新たな保護期間を設定することができ、ジェネリックメーカーを気にせず、当初のコストの回収効果を高めるメリットがあるのです。

 

患者の側にとっては、配合剤の方が単独で服用するより、コストの面でも、飲み忘れなどの服用ミスも防げますし、配合剤の中には、高齢者にとって嬉しい、副作用を抑え、かつ、作用も優しく穏やかにしたような安全性が高くなるものもあります

 

最近では、2011年7月1日に、糖尿病治療薬の「リオベル配合錠LD/配合錠HD」が製造の承認を受けています。
最近では、降圧薬や糖尿病薬の配合剤の開発が相次いでいますが、リオベルは2010年7月発売のメタクト(ピオグリタゾン塩酸塩、メトホルミン塩酸塩)、2011年6月発売のソニアス(ピオグリタゾン塩酸塩、グリメピリド塩酸塩)に次いで3番目の糖尿病治療のための配合剤です。

 

これらの配合剤では、各々の単独の薬剤を服用するより、服用する錠数や回数を減らすことができ、服薬についての精度の向上が期待できるようになりました。

 

 

効果

配合剤の例としては、

  • パーキンソン治療:有効成分が脳に達するまで分解されないように、分解を阻害する成分との配合をすることで、効果を4〜5倍にすることができました。
  • 高血圧と高コレステロール血症治療:複数の関連する疾患に対し、両方の治療薬を配合剤とし、心血管疾患全体の発症リスクを抑えることができるようになりました。

なお、このような複数疾患の治療薬の組み合わせの場合には、処方の柔軟性を向上させるため、配合比を変えた複数の配合剤が販売されていることもあります。

 

 

副作用

配合剤にも、デメリットもあります。
単独で服用するより効果が弱いことがほとんどで、症状の改善の程度は弱くなります。

 

配合剤に含まれる成分は、一定の割合の配合になっているため、処方の自由度が低く、特定の成分のみを増やすことができにくくなってしまいます。

また、副作用が発現した場合でも、どの成分が原因なのか、あるいは、相互作用によるものなのか、原因特定が難しくなります。

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法

関連ページ

血糖値を下げるビグアナイド薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ビグアナイド薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるメトホルミンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 メトホルミンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるスルホニル尿素薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 スルホニル尿素薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるメタクト配合錠の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 メタクト配合錠の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるピオグリタゾン(アクトス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ピオグリタゾン(アクトス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるチアゾリジン薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 チアゾリジン薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるインスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるDPP−4阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 DPP−4阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるGLP-1受容体作動薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 GLP-1受容体作動薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるα-グルコシダーゼ阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 α-グルコシダーゼ阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値下げるアカルボース(グルコバイ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アカルボース(グルコバイ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるアログリプチン(ネシーナ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アログリプチン(ネシーナ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるエクサナチド(バイエッタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 エクサナチド(バイエッタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるシタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 シタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるナテグリニド(スターシス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ナテグリニド(スターシス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるビルダグリプチン(エクア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ビルダグリプチン(エクア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるボグリボース(ベイスン)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ボグリボース(ベイスン)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるミグリトール(セイブル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ミグリトール(セイブル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるミチグリニド(グルファスト)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ミチグリニド(グルファスト)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリナグリプチン(トラゼンタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リナグリプチン(トラゼンタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリラグルチド(ビクトーザ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リラグルチド(ビクトーザ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる速攻型インスリン分泌促進薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 速攻型インスリン分泌促進薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる超速効型/速効型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 超速効型/速効型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるアスパルトの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アスパルトの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリスプロの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リスプロの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグルリシンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グルリシンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるヒューマンレギュラーの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ヒューマンレギュラーの特徴・効果・効能・副作用
血糖値下げるシタグリプチン(ジャヌビア)特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 シタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるデテミル(レベミル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 デテミル(レベミル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる中間型インスリン(NPH)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 中間型インスリン(NPH)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるノボラピット30ミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ノボラピット30ミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるヒューマログミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ヒューマログミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる混合型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 混合型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグラルギン(ランタス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グラルギン(ランタス)の特徴・効果・効能・副作用