血糖値を下げる速攻型インスリン分泌促進薬の特徴・効果・効能・副作用

 

速攻型インスリン分泌促進薬は、糖尿病の血糖値をコントロールし下げることを目的とした、スルホニル尿素薬と同じような働きを持つ、膵臓のβ細胞に影響してインスリン分泌を促進させる薬です。


 

 

血糖降下作用は、インスリンの基礎分泌を促進するスルホニル尿素薬より弱いですが、空腹時の効果スピードが特徴なのです。使い方は、食前に服用によって使われ、速やかな吸収により効果を発揮します。

 

血糖値を下げる速攻型インスリン分泌促進薬の特徴・効果・効能・副作用

 

ただ、効果が効き始めるのが15分以内と早いのですが、逆に薬効が持続する時間も非常に短いのが特徴です。食事の5分から10分前に服用し、インスリンの追加分泌を増やすことで食後の高血糖を抑えるために使われるため、食後血糖降下薬とも呼ばれます。

 

ただし、食後に服用しては、速やかな吸収ができずに効果が弱まってしまいます。速攻型インスリン分泌促進薬の効果をしっかりと発揮させるためには、食事直前の服用を守り、飲み忘れてしまった場合には、次の食前まで待ちましょう。

 

 

効能

毎食の食事の5分から10分前に服用することで、インスリンの追加分泌を増やして、食後の高血糖を抑えます
インスリン療法の超速攻型インスリン中間型インスリンに類似しています。

 

 

副作用

インスリン分泌を促進する薬の副作用は、共通して低血糖に注意しなければなりません。低血糖の症状は、以下のような症状が現われます。

 

脱力感
冷や汗
動悸
急激な空腹
目のチラつき
イライラ感

 

などが起こります。

 

これらの低血糖による症状が表れた場合には、ジュースやキャンディなどを服用するようにしてください。

 

また、まれに表れる症状としては、心筋梗塞のリスクもありますので、狭心症などの心疾患がある方は注意をしてください。
さらに、食欲が進む場合もありますので、体重増加に注意し、定期的な体重測定も行うようにしてください

 

 

 

管理人が自力で血糖値285を136にしました。



 

しっかり意識してやれば、血糖値を下げることは可能です。

下げてしまってから、それを維持することも忘れずに!

私が意識してやっていることをお伝えします。

一助になれば幸いです。

血糖値285を136に下げる。あなたにもできる方法

関連ページ

血糖値を下げるビグアナイド薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ビグアナイド薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるメトホルミンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 メトホルミンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グリメピリド(アマリール)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるスルホニル尿素薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 スルホニル尿素薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるメタクト配合錠の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 メタクト配合錠の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる配合剤の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 配合剤の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるピオグリタゾン(アクトス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ピオグリタゾン(アクトス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるチアゾリジン薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 チアゾリジン薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるインスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるDPP−4阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 DPP−4阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるGLP-1受容体作動薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 GLP-1受容体作動薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるα-グルコシダーゼ阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 α-グルコシダーゼ阻害薬の特徴・効果・効能・副作用
血糖値下げるアカルボース(グルコバイ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アカルボース(グルコバイ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるアログリプチン(ネシーナ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アログリプチン(ネシーナ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるエクサナチド(バイエッタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 エクサナチド(バイエッタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるシタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 シタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるナテグリニド(スターシス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ナテグリニド(スターシス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるビルダグリプチン(エクア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ビルダグリプチン(エクア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるボグリボース(ベイスン)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ボグリボース(ベイスン)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるミグリトール(セイブル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ミグリトール(セイブル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるミチグリニド(グルファスト)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ミチグリニド(グルファスト)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリナグリプチン(トラゼンタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リナグリプチン(トラゼンタ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリラグルチド(ビクトーザ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リラグルチド(ビクトーザ)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる超速効型/速効型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 超速効型/速効型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるアスパルトの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 アスパルトの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるリスプロの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 リスプロの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグルリシンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グルリシンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるヒューマンレギュラーの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ヒューマンレギュラーの特徴・効果・効能・副作用
血糖値下げるシタグリプチン(ジャヌビア)特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 シタグリプチン(ジャヌビア)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるデテミル(レベミル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 デテミル(レベミル)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる中間型インスリン(NPH)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 中間型インスリン(NPH)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるノボラピット30ミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ノボラピット30ミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるヒューマログミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 ヒューマログミックスの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる混合型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 混合型インスリンの特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げるグラルギン(ランタス)の特徴・効果・効能・副作用
血糖値を下げる薬 グラルギン(ランタス)の特徴・効果・効能・副作用